【公式】ココアクラブ~ 女性の最高のライフスタイルへ!

女性の新しい働き方を提案するココアです!女性は夜のお仕事をすることで人生設計を明るくしましょう。若いうちに稼いで貯めて人脈広げて資産運用まで頑張りましょう! 女の子や企業様からのご相談はDMからもOKです😊 https://cocoa-club.info/

風俗稼ぎ時

f:id:cocoa-club-jp:20190409131628j:image

風俗でお仕事をする最大の理由は収入でしょう。

 

稼ぎたい!というのは風俗で働くすべての女性の願いです。

風俗のお仕事をするにあたって、稼ぎやすい時期はあるのでしょうか?あるとすればいつが一番稼ぎやすいのでしょうか?

 

風俗の収入は歩合制。お客さんがついて初めて稼ぎが発生します。

同じ出勤するなら、効率よく収入が多くなる働き方をしたいですよね!

f:id:cocoa-club-jp:20190409131718j:image

風俗業界で稼ぎやすい時期は?
風俗はサービス業の一種ですので、忙しさと客入りに波があります。

風俗でも業種や地域によって差がありますが、一般的に稼ぎやすい時期というのはあるんですよ。

一般的な繁忙期

風俗で最も客入りが多く忙しい繁忙期は、一般的には7-8月の夏、12-1月の年末年始です。次いでゴールデンウィークなど長期の休みも収入増加が期待できます。

繁忙期の理由
なぜ、これらの時期が繁忙期かというと

GWのある5月、夏のボーナス後の7月、お盆の連休がある8月、冬のボーナス後で年末の12月、お正月のある1月

ボーナス時期でお客さんのお財布に余裕があったり…

連休があるので自由時間が取れたり、帰省や旅行で日常の生活を離れたり…

こういう状況では、風俗を利用する男性がとても多いのです。

f:id:cocoa-club-jp:20190409131807j:image

逆にお給料日前や、連休や大きな行事の後は、懐が寂しいので閑散期になってしまいがちです(´;ω;`)

例外的な稼ぎ時

上で述べたのは一般的な繁忙期です。

行事があったりすると人が集まるので、その地域固有の繁忙期というのもあります。

また、地方によっては繁忙期に微妙なズレがある場合も。

筆者が見聞きした範囲では、地方、とくに田舎の風俗の盆暮れ正月の繁忙ぶりはすごいです!

実家に帰省している人も多いですし、連休に気軽に遊びに行く場所が限られていることから、風俗を利用する男性が多いんです。

上手な風俗の働き方

同じ働くなら効率よく稼ぎたい。安定した収入が欲しい。

誰だってそう思いますよね。

風俗で上手に稼ぎたいなら繁忙期を見逃す手はありません。

f:id:cocoa-club-jp:20190409131915j:image

短期間で稼ぎたい
何かお金のいる理由があって、短期間で風俗のお仕事を辞めるのでサクッと稼ぎたいというあなた。

出勤すればとにかく忙しくたくさんお客さんにつきたいですね。

そんなあなたには、繁忙期に働くことをオススメします。時間を無駄にすることなく、がっつり稼ぎお金をたくさん持って帰ることができますよ。

繁忙期は面接にも合格しやすい

繁忙期はお店側も女性キャストが足りなかったりします。普段なら面接で不合格になるかもしれない条件の女の子でも、採用される可能性が上がります。

・短期間(数週間や1ヵ月だけなど)だけ働きたい。

・家から遠く離れた場所で働きたい。交通費支給や寮を希望。

・体に傷(妊娠線やタトゥー含む)がある

・容姿、体型や会話に自信がない

こういう女の子でももしかしたら希望通りの条件で風俗店に入店できるかもしれません。

やはり風俗で働き始めるなら、繁忙期がオススメですね。

f:id:cocoa-club-jp:20190409132007j:image

繁忙期・閑散期にわたって働くなら入店時期がポイント

そうではなく、ある程度長期にわたって働く予定のあなた。

そうなるとどうしても繁忙期と閑散期にわたって働くことになります。

風俗の一般的な繁忙期は先ほども書いたように、5月、7月、8月、12月、1月ですが、逆にお客さんが少なく暇な閑散期というのもあります。

一般的には、2月、3月、9月、11月が閑散期だといわれています。

ボーナス前、連休に散財した後、そして3月は会社の決算月で人事異動や転勤なども多いので、お客さんが忙しいのです。

どんなお店でも女の子でも、この繁忙期と閑散期の差は多かれ少なかれ感じます。

繁忙期と閑散期にわたって働くなら、繁忙期には出勤を増やし、旅行の予定は閑散期に入れるなど調整してもいいですね。

f:id:cocoa-club-jp:20190409132111j:image

また風俗店に入店するなら繁忙期の入店がオススメです。新人期間にできるだけたくさんのお客さんについて、自分の指名客をしっかりつかみましょう。

そうしておけば、閑散期になってもそのリピーターさんたちの指名のおかげで、安定した収入が得られます。

指名のお客さんが多い女の子は、この繁忙期と閑散期の波が小さく、着実に稼ぎます。

安定した稼ぎは精神的にも楽ですヽ(^。^)ノ

あなたが風俗店に入店しようと思っているなら、ぜひこの繁忙期の入店という技を検討してみて下さいね。

f:id:cocoa-club-jp:20190409132147j:image

実は閑散期にはダイヤが眠ってる?

なんだ、じゃあ閑散期なんて稼ぎにくいから出勤してもあまり意味ないなあ

そう思ったあなた。ちょっと待ってください。

他のサイトでは触れられていないことを、ここで教えますね。

閑散期にお客さんが減るのは基本的に懐が寂しいからです。簡単にいうとお金がないからですね。

お客さんが風俗で使う金額はそれなりに高いので、景気の良し悪しや男性の懐事情が、キャバクラなどの水商売同様に風俗業界には露骨に影響するんです。

では、閑散期でも関係なく来店し、ロングコースで入ったりするお客さんってどんな人なのでしょう?

考えてみて下さい。

そうです。よほどの風俗好きか、お金持ちです。

この時期にリピーターになってくれたお客さんは、本当にあなたのことが気に入っていて、経済的にも余裕がある可能性が高いんです。

数は多くないけれど、原っぱに隠されたダイヤを見つけるように、あなたの太客さんに出会うかもしれませんよ!

f:id:cocoa-club-jp:20190409132232j:image

まとめ

今回は、風俗に入った以上は高収入を稼ぎたいけど、稼ぎやすい時期ってあるの?という疑問にお答えしました。

まとめると

・一般的な繁忙期は、GWのある5月、夏のボーナス後の7月、お盆の連休がある8月、冬のボーナス後で年末の12月、お正月のある1月

・稼ぎたいなら繁忙期に働くのが絶対いい!

・一般的な閑散期は、夏が終わった9月、ボーナス前の11月、年末年始で散財したので懐も体も寒い2月、一般企業が慌ただしく仕事が大変な3月

・繁忙期にしっかりリピーターを作っておけば、閑散期にも波が少なく安定した収入が得られる